Monthly Archives: December 2020

カジノ市場

日本でカジノが議論を醸す理由

ホテル、会議場、劇場、小売店、レストラン、その他の娯楽施設やカジノを一緒に誘致する統合型リゾートの生産は、新しい仕事を産み、地方自治体へ多くの追加収入を集め、新しい外国人観光客を連れてくることができると日本政府は主張していましたが、それにもかかわらず、日本人は鈍い反応を示しました。  安倍政権時代は、この法律の制定を延期する不信任決議をくらいましたが、この2年に渡る国会最終日、法案を通すことができました。当時は規制の元、初のホテル開業地として全国3拠点が選定され、2020年代半ば以降に開業が見込まれることになりました。最初のプロジェクトが成功したと認められた場合、他にも後からホテルが建設される可能性があります。  大阪・横浜、一次選考に残る 大阪や横浜などの都市が応募したと言われており、北海道や和歌山なども誘致を表明しました(北海道はのちに撤退)。 ご存知のとおり、ここ日本では現在、ピンボールの一種である「パチンコ」に加えて、競馬、競輪、ボートレースに個人が賭けをすることができ、優れた公的ゲーム市場が存在します。反対派は、ゲーム依存と戦うための法案に関して現在提案されている措置は不十分であると警告しています。 法案は可決され、今日、これらの統合型ホテルが進むことは間違いありません。次に行われることは恐らく、地方自治体がパートナーを選択し日本政府が入札者から上位3ヶ所を選択することだとマイケル・ペン氏はDWに語りました。  政府はこれらの統合型ホテルの非ゲーム面を奨励し、カジノ要素に加えて、MICE [Meeting(会議)、Incentive Travel(研修・招待旅行)、Conferences and conventions(国際会議)] イベント、音楽会場などのための広大な施設があることを頻繁に強調しているとペン氏は説明しました。 日本政府の主な動機は、これらのリゾートが提供する追加収益です。しかし彼らは、外国人観光客を呼び込み、5つ星ホテル作る過程が建設業界を支援することになると、抜かりなく宣伝しています。また、特に若い男女が主要都市で仕事に出かけるこの国において、新しい雇用を産むと更に付け加えました。  トレーナーと敗者 いつもそうであるように、当局や企業は得をするかもしれませんが、生活を成り立たせるのに苦労している個人は損をするかもしれません、と桜田氏は言います。 大阪の市と府の自治体は、2025年国際博覧会のスポンサーに応募しました。新しく設立されたホテルは彼らの努力の主な結果です。桜田氏は事務局に対してカジノ建設は日本人のほぼ全員関わる問題だと指摘しました。また、日本で現在ギャンブルに夢中な人は約500万人おり、人々が金を失う新しい方法を生み出すことは博覧会の主催者の目的に反すると述べました。 安倍元首相は、地球上で最もクリーンなカジノであり、世界最良のギャンブル依存防止策を採用していると述べました。しかし、ゲーム依存症に対する効率的な治療法はありません」と彼は説明します。依存症に対する最も有効な手段は、ゲームの場を作らないことだと考えています。
カジノレビュー

日本で行われているカジノ論争の主な内容

政府は、統合型リゾートの一貫としてカジノで雇用を生み、観光客を集めることを目指しています。反対派は、世界中のギャンブル依存症を促進し、カルテル強化に繋がると主張しています。なぜ日本でカジノが物議を醸しているかについてのジュリアン・リアル氏による報告です。  日本がギャンブル法を書き直してから20年以上。政府は2018年7月20日に、開発されたリゾート複合施設の一部としてカジノを許可する法律を可決しました。  政府は、ホテル、会議センター、劇場、ショッピングストア、レストラン、その他の娯楽施設やカジノを組み合わせた統合観光地の開発は、新しい雇用を生み出し、地方自治体に必要な追加収益をもたらし、日本への海外観光客を増やすと主張しています。 大阪と横浜がIR誘致地となる可能性がありますが、北海道と和歌山県などもこの領域に関心を示しました(北海道はのちに撤退)。ご存知のとおり日本は現在、競馬、競輪、ボートレースやパンチの一種である「パチンコ」などのギャンブルを提供しています。反対者は、ギャンブル依存法案の規定の不十分さを警告しています。  これらの統合型リゾートが今後も続くことは間違いありません。法案は既に可決されました。次のステップは、地方自治体がパートナーを選択することです。  国会が法案を可決した直後の共同通信の世論調査では、64.8%の人がカジノに反対票を投じ、賛成票を投じたのは26.7%に過ぎませんでした。  もっと詳しく 大阪阪南大学教授で大阪市民ネットワーク「ストップカジノ」の会長である桜田照雄氏は、なぜ日本でカジノが物議を醸しているのかについてのストレートな批評家の一人です。  「私の研究では、政府は多くの税金を集めることができ、事業者が莫大な金額を支払うことになり、それは平均的な市民や最も余裕のない社会の人々の彼らの財布から捻出されることになります。」国会が法案を可決した直後の共同通信の世論調査では、64.8%の人がカジノに反対票を投じ、賛成票を投じたのは26.7%に過ぎませんでした。  反社会組織との関連 麻薬、闇金、保険金、性風俗産業などは警察の全国的な努力によって規制されています。  反社会組織のメンバーが、カジノ建設業者の下請けなどに関与する可能性もゼロではないと考えられています。