In

カジノガイド

カジノガイド

なぜカジノは日本で議論を醸しているのか?

ご存知のとおり、日本は2018年7月20日に、カジノを許可する法律が賛成多数で可決、成立する見通しとなり、物議を醸しました。政府はそれが観光と経済的成長を後押しすると言っていましたが、それは反対派によって激しく反対されました。日本政府は、カジノ、娯楽施設、レストラン、ホテル、会議場などのメガ統合型リゾートを推進する必要性を感じていました。政府は統合型リゾート、ホテル、会合施設、劇場、小売店、レストラン、その他の娯楽施設やカジノを保有しており、これにより新しい雇用が創出され、地方自治体に待望の追加収入がもたらされます。これは、日本に新しい外国人観光客を呼び込むでしょう。ただ、日本国民の反応は完全に無関心でした。 物議を醸すカジノ ➢ 政府はこれらの統合型リゾートの非ゲーム関連部分を促進することに非常に積極的であり、MICEイベント、音楽会場、およびカジノ要素のための大規模な施設も用意することを強調していました。 ➢ 政府の主な動機は、これらの施設がもたらす新たな収益です。 ➢ 彼らは、より多くの外国人観光客を集め、新しい5つ星ホテルを開発し、建設業界を支援し、新しい雇用機会を創出する流れを慎重に進めました。 ➢ 政府はこれが国全体にプラスの影響を与えると言っていますが、私の研究はそうではないことを示しています。 ➢ 政府は税金からたくさん稼ぎ、かなりの金額を得るでしょう。しかし、その資金はそんなことにお金を使っている余裕がないはずの一般人のポケットマネーから出ています。 勝者と敗者 ➢ 今まで通り、政府や企業が得をし、既に生活を送るだけで苦労している一般市民は損をします。 ➢ 市と県は、2025年国際博覧会の開催地として応募しており、新しい統合型リゾートがキャンペーンの中心となっていました。 ➢ このイベントの事務局は、ほとんどの日本人がカジノに反対していること、日本にはすでに推定500万人がギャンブル中毒になっているという指摘を受けています。 ➢ 市民がお金を失う新たな方法を生み出すことは、博覧会主催者の目的に反しています。 安倍元首相は、世界で最もクリーンなカジノであり、世界最高のギャンブル依存症対策を採用すると述べたが、ギャンブル依存症に対する効果的な治療法はありませんでした。