In

カジノレビュー

カジノレビュー

日本で行われているカジノ論争の主な内容

政府は、統合型リゾートの一貫としてカジノで雇用を生み、観光客を集めることを目指しています。反対派は、世界中のギャンブル依存症を促進し、カルテル強化に繋がると主張しています。なぜ日本でカジノが物議を醸しているかについてのジュリアン・リアル氏による報告です。  日本がギャンブル法を書き直してから20年以上。政府は2018年7月20日に、開発されたリゾート複合施設の一部としてカジノを許可する法律を可決しました。  政府は、ホテル、会議センター、劇場、ショッピングストア、レストラン、その他の娯楽施設やカジノを組み合わせた統合観光地の開発は、新しい雇用を生み出し、地方自治体に必要な追加収益をもたらし、日本への海外観光客を増やすと主張しています。 大阪と横浜がIR誘致地となる可能性がありますが、北海道と和歌山県などもこの領域に関心を示しました(北海道はのちに撤退)。ご存知のとおり日本は現在、競馬、競輪、ボートレースやパンチの一種である「パチンコ」などのギャンブルを提供しています。反対者は、ギャンブル依存法案の規定の不十分さを警告しています。  これらの統合型リゾートが今後も続くことは間違いありません。法案は既に可決されました。次のステップは、地方自治体がパートナーを選択することです。  国会が法案を可決した直後の共同通信の世論調査では、64.8%の人がカジノに反対票を投じ、賛成票を投じたのは26.7%に過ぎませんでした。  もっと詳しく 大阪阪南大学教授で大阪市民ネットワーク「ストップカジノ」の会長である桜田照雄氏は、なぜ日本でカジノが物議を醸しているのかについてのストレートな批評家の一人です。  「私の研究では、政府は多くの税金を集めることができ、事業者が莫大な金額を支払うことになり、それは平均的な市民や最も余裕のない社会の人々の彼らの財布から捻出されることになります。」国会が法案を可決した直後の共同通信の世論調査では、64.8%の人がカジノに反対票を投じ、賛成票を投じたのは26.7%に過ぎませんでした。  反社会組織との関連 麻薬、闇金、保険金、性風俗産業などは警察の全国的な努力によって規制されています。  反社会組織のメンバーが、カジノ建設業者の下請けなどに関与する可能性もゼロではないと考えられています。