In

最高のカジノ

最高のカジノ

カジノの認証とその実現に関する論争

現在開催中の国会でカジノ法案は公正に可決されました。 統合型リゾート(IR)の基本的な管理内容は、まだはっきりわかりません。現在、日本が世界最大のカジノ国になる準備が進む中、複数の隣国の政府が観光業を成長させ、落ち込んだ経済を改善するプレッシャーを感じています。どんなスケジュールが予定されていて、そしてプレイヤーは誰でしょう?新月通信社のティモシーラングレーとシートマイケルペンに参加していただき、近い将来のカジノやIRの発展を探りましょう。 なぜ日本でカジノが物議を醸しているのですか? ぜひリーチ、登録、投稿を忘れないでください。みなさんこんにちは。Brand 2020へようこそ。統合型リゾートや新しく制定された法律、それがどのように選択されたのか、関わる人、都市、そしてどの地域について、などをお話します。ここで東京の主要な制定法およびカジノ法の専門家であるマイケル・ペンさんが加わります。 マイケル:私はAGBニッポンで継続的に、最も精力的にこのトピックに取り組むライターです。 ティム:ぜひ教えて下さい。あなたはデータをパッケージして提供していますよね。ちゃんと調整されてよく考えられていますし、あなたが出版したすべてのものを熟読させてもらっています。 マイケル:私もそう信じています。私たちは発信期にあり、既に学びつつあるビジネスの進捗状況を知りたがっている人に向けて情報を改善しようとしているので、近いうちに私たちが誰よりも多く情報を持てるようになることを期待しています。 業界では間違いなく興味深いことがいくつか起こっています。その一つが契約を結んでもらえるはずだと信じている人々や契約を迫る可能性が高い人々の輪です。彼らの取引やパーティーでは、企業グループがこれらの契約を主張するためにいくつかIRユニットを構築していますが、やはりまだまだ始まったばかりです。おっしゃったように、私たちはこれらのオフィスがどこにあるのか、そして誰が契約を扱うのかわからないので、私達は現在、時期や関係者の把握を既に進めています。 行動の伝播を改善する カジノやゲーム業者は、COVID-19が労働者や消費者の間で広がることを予防する行動を可能にするための戦略を推奨する必要があります。労働者と顧客は、家にいるべき時期に関して十分な教育を受けています。このパンデミックにおいて労働者や消費者は、COVID-19の症状があるかどうかにかかわらず、自発的に自宅に留まる必要があります。労働者と消費者が自宅に留まり、過去14日間に渡ってCOVID-19に感染した人と接触したかどうか健康状態を監視するように促しましょう。 CDC基準を参照して、人々が安全に仕事場に戻る方法やCOVID-19の症状が発生するリスクを避けながらゲストがいつカジノに戻ることができるか、陽性者との接触時の対応や、感染者を発見する方法を学んでください。症状のある労働者が不採用や雇用喪失を恐れることなく家に留まれるように、活力を与えるための方法を確立し、従業員を安定させましょう。